意外に重要な「乳液」

友人のなかには「乳液を控える」という方もいたのですが、実は「ニキビ」と「乳液」は相性が合わないようで、重要な関係があるのです

ニキビの天敵かのように思われている「皮脂」は汗と混じることで皮脂膜を作り上げます。皮脂膜とは肌の水分を逃がさない役目、外部刺激から肌を守る役目があることから、肌を綺麗に保っていくためには必要なものなのです。

確かに皮脂は多すぎるとべたつきやニキビの原因にもなりますが、逆に少なすぎると、乾燥が目立ち、弾力もなくシワの原因ともなってきます

「ニキビがあるから乳液は使わない」ということは、洗顔後に皮脂をさっぱりと落としてしまうわけですから、肌は皮脂を失い、肌を守るバリアができない状態のままということ。 よって外部刺激を受けやすく、化粧水の効力が蒸発して得られない、肌が荒れる、ニキビがあるのにかさついているという乾燥ニキビを引き起こしてしまうのです。

洗顔で皮脂を落としたあとは、たっぷりと肌に水分(化粧水)を与え、その水分を逃がさないように、乳液で蓋(バリアを張る)をすることがとても重要なのです

水分(化粧水)だけでは、蒸発も早く効果は感じられません。

それでもやっぱり油分は嫌。という方は、説明書などに載っている乳液の量を半分するなどにして使用してみてください。

また、乳液とクリームはまた別物で、クリームの方が油分の量が多くなっています。

乳液を塗っても肌の乾燥が目立つという方は、ニキビ以外にクリームを塗るか、乳液を薄く重ねづけすることをお勧めします。

洗顔、化粧水、適度な乳液がニキビ肌をケアする大切な過程なのです

次は、『ニキビ跡をなくすために』についてお話します。



肌質から選びましょう。

  • ランキング
  • オイリー肌
  • 乾燥肌
  • インナードライ肌
  • 混合肌
  • 普通肌