4種類のニキビを学ぶ

みなさんは「どの色のニキビ」に悩まされていますか?
ニキビは大きく分けると4つの種類があります。

白ニキビ

皮脂と古い角質が毛穴のなかに溜まり、外部刺激や肌サイクルの乱れなどで毛穴を閉じてしまっているニキビのこと。 放っておくと赤ニキビになってしまいがちなので、早めにケアをしましょう

黒ニキビ

皮脂と古い角質が毛穴のなかに溜まっているのですが、毛穴が開いているために、そのなかが見えてしまっているニキビ。 毛穴の黒いボツボツが気になると爪や器具を使って角栓を取り出すとニキビ跡が残ってしまったり、菌が入り込んで赤ニキビになることもあります。

赤ニキビ

白ニキビと黒ニキビが悪化したニキビ。ほこりやちり、紫外線などの外部刺激や皮脂分泌量により発生。赤く痛みを帯びるようになると、色素沈着として残りやすい。

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化したニキビ。表面が白もしくは黄色になり、膿が溜まっている状態。毛穴の奥深くまで炎症しているため、破れてしまった場合はクレーターや跡が残りやすい。さらに、ニキビがあったかのような色素沈着を残しやすいです。

ニキビは基本的に「紫外線」を浴びると跡が残りやすいので注意してくださいね。

次は、『ニキビケアの方法』についてお話します。



肌質から選びましょう。

  • ランキング
  • オイリー肌
  • 乾燥肌
  • インナードライ肌
  • 混合肌
  • 普通肌