ニキビケアの方法

同じぐらいニキビに悩んでいる方が近くいると、話しやすいことかもしれませんが…。聞きづらいけど知りたいことでではありますよね。
私独自の友人ネットワークを使って調査したところ。結果はこうでした。

1位 洗顔回数を増やす
2位 何もしない
3位 スキンケアを変える
4位 脂取り紙でこまめに皮脂を拭き取る
5位 髪をまとめる 甘いものを控える

ランク外として。

  • 下半身浴+フェイスマスク
  • 枕カバーをこまめに変える
  • 皮膚科へ行く
  • ニキビ用のクリームを塗ってよく眠る
  • 乳液の量を抑える
  • 治りが待てなくて潰してしまう、知らぬ間に潰れている
  • サプリメントを服用する

男性の友人は何もしない派とスキンケア重視派のどちらかになりました。

1位の洗顔の回数を増やすは、みんな口をそろえるかのように最初に出てきた回答でした。洗顔することで、皮脂が取れたさっぱり感がニキビを悪化させない第一歩のようです。ただ、洗顔をこまめにしている方は少なく、朝1回夜1回の洗顔を朝1回、夜2回に変えた方が多数でした。朝1回、帰宅後1回、お風呂で1回という洗顔方法です。

2位の何もしない。私もどちらかというとこの部類になります。寝不足続きのある朝に出来ていることに気づくのですが、アゴに1~2個の白もしくは赤ニキビなので放っておきます。
何もケアしていない分、治りは遅いし、色素沈着として残ってしまうこともしばしば。のちのち後悔しています。

3位のスキンケアを変える。ニキビ用のスキンケアにチェンジして、いち早く対処するとのこと。なかには、ニキビができないように日ごろからニキビ用スキンケアを予防として使っている方もいました。その方は10代から20代前半までニキビでずっと悩んできたようで、肌に合うスキンケアを見つけて以来、治った今も愛用しているとのことです。

4位の脂取り紙でこまめに皮脂を拭き取る。お化粧直しをよくする女性の発言… かと思いきや、意外にも男性からも回答が出ました。ニキビケア、テカリ防止のほかにもべたつき感が嫌だからという理由でした。

5位の髪をまとめる、甘いものを控える。チョコレートやアイス、ケーキ、お菓子類をとにかく控えると熱く語る方もいました。髪をまとめるというのは、女性ならば顔に髪がかからないようにアップしたり、前髪を横流しにしたりということ。男女共通してあったのは、家の中では誰にも会わないので、ピンで前髪を止めたり、ヘアバンドで髪を止めているということでした。

ちなみに枕カバーをこまめに変えるは私。髪や顔が触れるからこそ、2日に1回交換しています。枕やお布団も天気のいい休日は干したりしていますよ。シーツも同じぐらいまめに交換しています。だからなのか、背中にニキビはできたことがありません。

肌を洗浄し、スキンケアなどで清潔に保つと同じぐらい、肌に触れるものは清潔が必要です。

次は、『ニキビケアと乳液の関係』についてお話します。



肌質から選びましょう。

  • ランキング
  • オイリー肌
  • 乾燥肌
  • インナードライ肌
  • 混合肌
  • 普通肌